Author Archives: ハマバタ

Laravel Homesteadをインストールして使ってみる

By | 2016/12/08 7:28 PM

Laravelは、PHPのWebアプリケーションフレームワークです。
利便性の高さから、世界で最も利用(日本では2位)されているPHPフレームワークです。
今回は、Laravelを使った開発に必要な環境(DB、Webサーバー、PHPなど)を揃えてくれるHomesteadについて説明します。

事前準備

Homesteadの使用にあたり、以下のソフトウェアをインストールする必要があります。
インストール手順については、基本的にインストーラーに従って進めれば問題ないのでここでは割愛します。

Boxの作成とHomesteadの準備

Homestead Vagrant Boxのインストール

HomesteadのBoxを追加します。

途中でプロバイダー(仮想化ツールのフロントエンドとなるソフトウェア)を聞かれます。
ここではvirtualboxを使用しているので「2」を選択します。

Homesteadのインストール

gitリポジトリをcloneし、Homesteadをインストールします。

HomesteadリポジトリをCloneできたら、「Homestead.yaml」設定ファイルを生成するために、init.batを実行します。

Homestead設定

init.batの実行により作成された~/.homestead/Homestead.yamlを編集します。

参考:デフォルトのHomestead.yaml設定値

プロバイダの設定

プロバイダとしてvirtualbox以外を使用している場合は、以下の設定でプロバイダを変更します。

鍵の設定

HomesteadにSSHでアクセスする際の鍵情報を定義します。

同期用フォルダの設定

ローカルとvagrant上でファイルをやりとりするための同期用フォルダを設定します。
mapがローカル、toがVagrant上のパスになります。

公開フォルダの設定

URLと公開フォルダのマッピングを行います。
下記の設定の場合、http://homestead.app にアクセスすると/home/vagrant/Code/laravel/public配下がdocumentrootになります。

hostsファイルの設定

ブラウザでhttp://homestead.app にアクセスした際にページが閲覧できるよう、hostsファイルの設定を行います。
Windows環境ではhostsファイルはC:\Windows\System32\drivers\etc\hostsに存在します。
hostsファイルに以下の行を追記します。
ここで記述するIPアドレス、ホスト名はHomestead.yamlで設定している値と合わせてください。

vagrant up

ここまでの作業で、Homesteadの環境設定が出来上がったので、実際にサーバーを立ち上げてみます。

ステータスが「running」となり、サーバーが立ち上がっていることが確認できました。

仮想環境側の設定

仮想環境が立ち上がったので、ターミナルソフトやSSHコマンドで仮想環境側にアクセスします。
ユーザー/パスワードはvagrant/vagrantでアクセス可能です。

Laravel Projectの作成

以下のコマンドでLaravelプロジェクトを作成します。

動作確認

http://homestead.app にアクセスし、ページが表示されることを確認します。